どうして、「かんきり」?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

調査捕鯨のニュースでこの方を見たもので。

↓「かんきり」を探そう!
INTERNATIONAL COURT OF JUSTICE
Whaling in the Antarctic (Australia v. Japan) - public hearings - Original

そうでした、そうでした。
どうして、「かんきり」かといいますと。
こういうことがあったんですね。


------------------------------
『缶切りを至急もってこい』
外務省の研修生は、ロジスティックス、すなわち閣僚たちの滞在期間中の世話役を行うそうです。
ちなみにロジスティックスとは、軍事用語で、輸送、宿営、糧食などの後方支援を意味する言葉です。
物流会社では「ロジ」と略称されています。
 「ロジ」と呼ばれるものはサミットなどの要人往来の際の重要な裏方の仕事となっています。
研修生は「ロジ」の仕事のため、ホテルの一室に設けられた事務局に当番として詰めていると、
寝静まった午前零時過ぎ、福田赳夫外務大臣の秘書官である小和田恒から電話がかかってきた。
雅子皇太子妃の実父です。用件は「缶切りを至急もってこい」です。
缶きりぐらいホテルのルームサービスに頼めばいいのですが、
部下に仕事を言いつけるのが官僚の習性だそうです。
ホテルのボーイに缶切りをもらい、外務大臣の部屋に飛んで行き、ドアをノックしても返事がなく、
再びノックしてみると、ドアが少し開き、その隙間から眼鏡越しに小和田さんの目が覗いたそうです。
「遅くなりました。缶切りを持参しました」というと、小和田さんはドアの隙間から顔を半分だけ覗かせ
研修生をしばらく眺めてから蚊の鳴くような声で「その缶切り試したかい」と言った
そうです。
研修生は「試してはいませんが、切れると思います」と答えると
小和田さんは一言も発せずに研修生の顔を見つめた後、ドアを閉めてしまったそうです。
------------------------------


それで???
と思われるでしょうけど、
でも、このエピが小和田氏を表しているんです。

↓こういうこと。
------------------------------
天木直人『さらば外務省』に見る小和田恒氏
小和田恒については、出張先で夜中「缶切りをもってこい」と要求があり、
持っていくと「その缶切りを試したかい」と質問があり「試してない」と答えると、
そのままドアを閉めてしまったという、ただそれだけである。
いったい何?詰めの甘さを指摘されたということだし、
一事が万事なのだろうが、それにしても次元の低い話だ。
(略)
小和田氏は「ありがとうという言葉が言えない人間」
------------------------------


小和田さん、器が小さすぎ。
このすこぶる評判がよろしくない方が皇太子妃の父親なのです。
準皇族気取りでいらっしゃるようです。

↓こういうの、お好きですものね。
d0176186_0433655.jpg




↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/19073366
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2013-06-27 23:44 | 小和田家 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise