「ほっ」と。キャンペーン

横暴やまないサッカー韓国代表。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

またもや。
お隣の相変わらず、なニュースです。

↓以下参考のため引用------------------------------
「殴ったほうが訴える……?」横暴やまないサッカー韓国代表に、世界中から非難の目
http://www.excite.co.jp/News/society_g/20130622/Cyzo_201306_post_747.html
 サッカー韓国代表が18日、ホームで行われた2014年W杯アジア最終予選でイランに0-1で敗れたものの、グループ2位で本大会出場を決めた。

 3位のウズベキスタンとは勝ち点で並び、得失点差で1点上回っただけという、まさにギリギリの予選通過。だが、その裏で、韓国のスポーツマンシップにもとる行為が起きていた。

「韓国に勝利し、W杯出場を決めて喜ぶイランのゴールキーパーを、韓国のチームスタッフらが殴りつけたんです。暴力沙汰だけでも許されないのに、さらに韓国はイラン代表のカルロス・ケイロス監督が勝利でガッツポーズをしたことに対して、挑発的だと国際サッカー連盟(FIFA)とアジアサッカー連盟(AFC)に提訴する考えだというから、開いた口がふさがりません」(サッカーライター)

 両者の諍いには伏線があった。昨年10月、同予選で韓国はアウェーでイランと対戦したが、0-1で敗戦。このとき、韓国代表に出発当日ギリギリまでビザが発給されなかったり、現地に到着後も照明のない練習場を与えられたりと、イランにさまざまな嫌がらせを受けたのだ。いってみれば、アウェーの洗礼である。その遺恨が、今回の事態に発展したのだろう。

「中東のチームと戦うときには、こうした嫌がらせは普通のこと。アウェーの洗礼は、日本代表だって受けていますよ。でも、だからって、ピッチ上で相手の選手を殴ったりしないでしょう? スポーツマンシップのかけらもない。もう論外ですよ。韓国としては、“イランの嫌がらせが原因で負けた”と言いたいのでしょうが、それが韓国の実力なんですよ。ケイロス監督の態度が挑発的だと批判しますが、韓国が日本に勝利したときの挑発的な態度はどう説明するのでしょうか? 言い分が一方的で、まったく話になりません」(同)

 サッカーにおける韓国の狼藉ぶりは、今に始まったことではない。02年の日韓W杯では、開催国であるのをいいことに、露骨なホームタウン・デシジョンでベスト4をかすめ取り、世界中のサッカーファンから批判を浴びた。昨年のロンドン五輪では韓国が日本に勝利して銅メダルを獲得した際には、代表選手のパク・チョンウが竹島の領有権を主張するプラカードをピッチで掲げ、五輪スポーツに政治を持ち込むものとして大問題になった。

 このときは国際オリンピック委員会から厳重注意はあったものの、最終的にパクにも銅メダルが授与された。しかし、韓国の懲りない横暴ぶりを見る限り、このときに厳罰を与えるべきではなかったかと思わざるを得ない。

というよりも、スポーツマンシップを理解できない韓国には、サッカー界から退場願ったほうがよさそうである。

↑ここまで------------------------------------------

日本が嫌いなのにやたらと絡んでくるストーカー国家。
すっかり、しっかり、日本にいろんな形で入り込んでいる、面倒な国なんですよね。

日本が単独開催だったというのに、
いつの間にか韓国が入ってきた、日韓ワールドカップ。

あの時もいろいろとやらかしてました。
サッカーファンはもちろん知っているけれど、
あの時の事は知らない人が多いのでしょうか。
昨日もその話をしていて、びっくりしている人がいました。

http://www.youtube.com/watch?v=JJxI6Eqz-sk


ブラジルのWC記念碑には「日本大会」としてJAPANだけ刻まれ、
KOREAは削除されています。

以前のエントリ↓でも紹介しましたが、再び、画像をご紹介です。
この表記っておかしいでしょう!
何でも日本のせいにするのですねぇ。

d0176186_165592.jpg

ブラジルでは日本単独開催扱いですから~。

韓国がどれだけ、たいがいな国か、
随分と広まったはずなのに、
まだまだ、韓流ドラマを見て韓国旅行へ行く人たちもいる現実。

韓国が係わるとスポーツさえもドロドロ。
現実を広めたいのに、なかなかです。
それでもコツコツと、
覚醒チラシをついうっかり置き忘れ。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-06-22 23:28 | 韓国

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る