「ほっ」と。キャンペーン

お水の総裁とは。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

皇太子さまが、皇族初で国連本部にて講演された、”あの関連のことです。
英語でスピーチする必要があったの?
日本語できっちりスピーチして、通訳でよろしいのでは?(という疑問は、さておき。)

皇太子さまは、
国連「水と衛生に関する諮問委員会」の名誉総裁に就任していらっしゃいます。

2012年には、任期が2015年末まで延期されてしまいました。

2013年3月、国連本部「水と災害に関する特別会合」
「私が招待しました!」 潘基文(バンキムン・韓国)
「私が昼食会を主催しました!」 韓昇洙(ハンスンス・韓国)
「水のエキスパートとして今後も活躍していただきたい!」 韓昇洙(ハンスンス・韓国)
※韓昇洙(ハンスンス) = 韓国元首相、2008年竹島上陸、標石設置


世界水フォーラム、2015年開催地「韓国」に決定!!

なんということでしょう!
お水の総裁である皇太子さま。訪韓予定となってしまっています。

絶賛反対運動中!!

そうそう。
今週の週間新潮。
先週の訂正はありませんでしたね。





今日の従食はとっても混んでいて散々でした。
雨だからか外へ食べに行く人が少なくて、
よく週刊誌を見せてくれるオジサマたちをどなたも見つけられず・・・。(ちぇっ。)
なんだか気になったので、帰りの駅で買ったのでした。

ざっくり、記事を読んでのちょこっとまとめです。

週刊新潮 2013年6月27日号
「雅子さま」想定内のキャンセルに10秒絶句「陛下」の胸中
・雅子妃の体調がすぐれず、6月18日に予定されていた被災地、宮城県への訪問延期。
・これを聞いた天皇陛下は10秒絶句された。
・被災地訪問延期は4月、5月に続きこれで3度目
・皇太子夫妻の公務ドタキャンはいつものことで想定内だったが、被災地訪問は5月の秋篠宮両殿下、7月上旬の両陛下の被災地訪問予定と足並みを揃えた、非常に重要なご公務だった。
・東宮家が新幹線で移動する場合、グリーン車1両借り切る。
・キャンセルは、地元自治体や県警は警備態勢を再調整しなければならない。
・復興途上の被災地を思えば度重なる延期はできるはずはない。 
・16日、スペインから帰国された皇太子さまを出迎えた雅子さまは満面の笑みで元気ではないか。
・なのに被災地訪問は延期では、国民にどう受け止められるか、お出ましを慎まれるはず・・・・。
・陛下の絶句は・・・。

体調不良を訴えた「美智子皇后」の送ったメッセージ
・腰の変形による脚の筋力低下がみられる中で、ご公務や宮中祭祀をっこなされている。
・宮中祭祀は十二単をお召しになり、大垂髪にせねばならず、頸椎や腰への負担は相当なもの。
・いかに祭祀に重きを置かれているか。
・体調の発表は残された時間は限られている、一刻も早く道筋を・・・。

侍従長に問題閣僚で揉める官邸と宮内庁の軋轢の根本
・川島侍従長後任の河相氏について。
・その腹黒さから外務省の「レッサーパンダ」という異名を取っていた人物。
・『義理・人情・恥』を書く”三欠く官僚”とも。
・宮内庁と官邸の軋轢について・・・。

見えてきた「悠仁親王」即位で「紀子さま」国母への気負い
・紀子妃はひたすら皇后さまのお振舞いに傾倒してこられた。
・『秋篠宮妃がいてくれてよかった』といったお言葉が両陛下から漏れることがある。
・人手不足の秋篠宮家で、連日お仕事に追われ、悠仁さまご懐妊の間も変わらず、飛びまわられていた。
・やはり頸椎を・・・。

国民が同情する寂しき皇太子の「雅子が来たら」
・かつて皇太子さまが訪ねたトルコの諺『人は苦悩した時に、何かを求めて旅に出る』
・巡礼の道の終着点では、「雅子がここに来たら、どう思っただろうか。一緒に想い出をつくることができればいいなと思いましたが」とお言葉を漏らされた。
・雅子妃はオランダから帰国後、疲れと満足感が相半ばする状態。
・ただ、皇太子さまは、思ったより体調が落ち込んでいないと思われたらしく、とても喜んでいた。
・『近いうちにもう一度くらい、海外公務をご用意できるほど雅子さまのご体調は、随分良くなりましたね』と言うと、皇太子さまは嬉しそうに頷いていた。
・『雅子と年内にもう一度、海外に行きたい。それが実現できれば、どれほど楽しい想い出を作れるだろうか』という思い。
・一方では、キャンセルしている被災地訪問をそのままにはできず、『外遊を行う前には、それをこなさなければならない』というプレッシャーも。
・トルコのもう一つの諺『人は旅をしても、何も変わらない』。これを覆して欲しいと思う国民は多いはず・・・。

「雅子さま」ご関心は臨海学校「愛子さま水着」を撮らせない!
・伝統行事のひとつ『沼津海浜教育』
・4泊5日で、ハイライトは4日目の遠泳。
・遠泳は保護者見学可能で、これまで愛子さまの学校行事にほとんど出席されたことから、皇太子夫妻もお出ましになるだろう。
・宮内庁は報道陣をシャッタウトする予定。
・海保の巡視艇が出る。
・溺れた時に備え、手漕ぎゴムボートを静岡県警が手配。
・雅子さまが見学となれば、皇宮警察からは5人ほど増員、雅子さまにピタリと付き従い、さらにその周囲を県警の警官で固める。
・行事に支障をきたす可能性も否定できず。
・『公より私』への傾倒ぶりは、『将来、皇后御の仕事が務まらないのではないか」という両陛下の「ご憂慮」に行き当たる・・・。


東宮ご一家のところはちょいと詳しくなりがちですが、
全部は書けませんのであしからず。
(気になる方は、お買い求めを~。)
なんだか。
すっかり、見慣れた内容になって来ましたよね。
て、ことは。
すっかり、自由気ままな雅子さま慣れしちゃったという事なんですよね。
いやだわ。
でも!
一人でも多くの人に、皇室の危機が伝わりますように!


トルコのことわざ。
『人は苦悩した時に、何かを求めて旅に出る』
『人は旅をしても、何も変わらない』

そうそう。
あれだけ好き勝手しておいての苦悩は分かりませんが、海外旅行に出たがる、けど、
オランダへ行っても何もお変わりにならず。



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-06-20 22:23 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る