「ほっ」と。キャンペーン

ご公務のご予定。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

体調の波による、ドタキャンの可能性もあるそうです。

↓以下参考のため引用------------------------------
皇太子ご夫妻、宮城の被災地訪問へ 6月18日軸に検討
http://www.asahi.com/national/update/0513/TKY201305130193.html
 皇太子ご夫妻が6月中旬にも宮城県の東日本大震災被災地を訪れる方向で検討が進んでいることが、関係者への取材でわかった。6月18日を軸に宮内庁や県、警察が調整している。被災者を見舞い、復興状況を聴く見通し。雅子さまは「被災地を訪れ、自分も力になりたい」と周囲に語るなど、被災地への強い気持ちがあるという。

 被災地訪問は水面下で何度か検討されたが、受け入れ準備に1カ月程度かかるという。6月中旬には皇太子さま単身で1週間程度、スペインへの公式訪問が検討され、6月9日にはご夫妻の結婚20周年、6日には寛仁さま逝去1年などの日程がある。このため皇太子さまの帰国直後を候補にしたとみられる。

 ご夫妻は震災発生後間もない2011年4~8月、宮城県や福島県など1都4県の避難所などを訪れ、被災者を見舞った。誕生日の記者会見や文書回答などでも被災地への思いを明らかにしていた。

 長期療養中の雅子さまは4月末、皇太子さまとともにオランダの国王即位式に出席し、公務での外国訪問が11年ぶりに実現。被災地見舞いを含む国内の地方訪問再開が次の課題とみられていた。ただ体調にはいぜん波があり、直前に取りやめる可能性もあるという。
------------------------------------------------------

↓こちらはコメント付き記事です。
皇太子ご夫妻、宮城県再訪へ=仮設住宅お見舞い、6月中旬にも

被災地に心を寄せていきたい、と仰っている皇太子ご夫妻。
こちらの表を見ると、そのお気持ちがわかるというもの。

【秋篠宮家震災関連 ご公務】と【皇太子同妃両殿下 震災関連ご公務】




皇太子妃としてやらなければならないことと、
皇太子妃としてやってはならないことがまたしても・・・。

↓オランダでもドタキャンがあった、と言われていた事が掲載されています。

週刊女性5月28日号
雅子さまオランダ訪問 笑顔の裏で国内公務とのジレンマ
オランダ訪問の大任を果たした雅子さまにマスコミから回復や公務復帰の声が上がる。
中にはみどりの集いなどこれから予定されている公務の一覧を羅列するところも。
しかしこういう期待は精神科医から見れば好ましくないと和田秀樹氏。
海外に限って適応できたということです。
在蘭の日本人に会わないことも海外とはいえ日本人なので適応しにくいのでは?
ベアトリクス女王の晩餐会、新国王の朝食会なども予定通り欠席。
即位式もドタキャンの可能性があった、
そうなれば両陛下周辺から叱責があるので小町はピリピリしていた。
また宮内庁は否定するが皇太子がシーボルトハウスを
訪ねる予定があったがドタキャンをしていた。


適応障害ゆえ、海外でも日本人とは会わない・・・って。
日本人がお嫌いなのは分かっていましたが、
改めて書かれると複雑です。
これが日本の皇太子妃なんですよ。有り得ません。

それから。
「海外に限って適応出来た」という設定に。
え!?
「旧弊な皇室に適応出来ない」という設定はいつから変わったのでしょう?

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2013-05-14 23:18 | 東宮家。雅子さま。

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る