見慣れたものの、違和感のある記事。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

見慣れた内容ですが、
どれも改めて読むとやはりおかしい、と思うのです。

雅子さまのご負担になるので、取材は駄目という設定・・・のはずが、
オランダでは笑顔でお手振り。
これは、日本での取材は駄目でも海外では大丈夫という事ですよ。
その海外も、選り好みがあるとは。

ちょっとだけ公務。
そのちょっとで、皇太子妃としてやってはならない事をされるんですから、いやはや。

↓以下参考のため引用------------------------------
皇太子ご夫妻のオランダ訪問裏で取材させろさせないのやりとり
http://zasshi.news.yahoo.co.jp/article?a=20130511-00000012-pseven-soci
NEWS ポストセブン 5月11日(土)16時6分配信

 オランダでの王位継承行事ご出席のため4月28日から5月3日までオランダを公式訪問されていた皇太子ご夫妻。11年ぶりに海外公式訪問となるオランダ訪問は実現したものの、その舞台裏では今後の不安を予感させるドタバタ劇も繰り広げられていた。

 出発直前の4月26日に開かれた小町恭士東宮大夫の定例会見でのこと。

「小町大夫が、“皇太子ご夫妻が東宮御所を出発される際の取材設定はない”と発言すると、記者たちからは“それはおかしい!”と猛烈な反発があったそうです。

 大夫は“11年ぶりの海外公式訪問なので、ご負担軽減に協力してほしい”“空港では取材させるから”という説明だったようですが、記者たちは“11年ぶりなのだから、なおさら逆に取材させるべきだ”と会見は緊迫した雰囲気になったそうです。

 記者たちにしてみれば、今回は愛子さまがお留守番となり、そのお見送りのシーンはご成長を表す意味でも大切な場面なのだから、取材したいという強い思いがあったのでしょう」(皇室関係者)

 結局、お見送りシーンの取材が許されることはなく、東宮職と記者たちの間に、大きなしこりを残す結果となった。

「出発前、雅子さまは帰国後のことを大変心配されていました。もちろん体調がすぐれない日も出てくるはずですから、また問題が生じることもあるでしょう。そんなときに東宮職と記者たちの間に遺恨があれば、さらなるトラブルが発生するのは必至です。

 もしかしたら東宮御所での取材拒否は、雅子さまの意向だったかもしれません。しかし、“今後を考えて、取材を受けましょう”と進言するのが、東宮職の仕事なのです。それが雅子さまのご意向を慮るがゆえに、逆に雅子さまを苦しめてしまっている。本末転倒だと思いますよ」(前出・皇室関係者)

 実際、小町大夫自身が、出発前に、「ひとつできるからといって、みんなできると思われては困る」と語っていたほど、今後のご体調に対する不安は大きいのだ。
※女性セブン2013年5月23日号
------------------------------------------------------

でもって、こちらもどうぞ。

↓以下参考のため引用------------------------------
“洗練”をも奪われたプリンセス
齋藤 薫 美容ジャーナリスト・エッセイスト 2013年5月9日 12時21分
http://bylines.news.yahoo.co.jp/saitokaoru/20130509-00024814/

あなたは見ただろうか? 今回のオランダ訪問に際して、まとめて報道された“雅子さまの過去の映像”。特に、皇室に入られて間もなく、頻繁に海外に出られていた頃の映像を。

あらためて驚いた。中東訪問の時の“グリーン×黒ストライプ”をあしらったパンツスーツの、あまりの洗練に!! 各国訪問で見せた帽子コレクションが、あまりにオシャレだったことに!! 色づかいも眩しいほどだった。またそれが目を見張るほど似合っていたもの。

それは紛れもなく、“華麗なるロイヤルファッション”と呼ぶにふさわしいもので、雅子さまファンがそこで一気に増えたのは間違いないし、当時のダイアナ妃とも肩を並べられるような高貴な美しさを持ったプリンセス誕生! と、日本人としてとても誇らしかったことが、あらためて思い出された。

でも同時に今回、その見事な洗練もまた、心の病に繋がる要因をつくったことを確信させられたのだ。

もちろん想像にすぎないが、ああしたファッションにはおそらく“オシャレすぎるのじゃないか”“少々華やかにすぎるのじゃないか”といった声が近いところからあがったはずである。それは、その後の雅子さまのファッションに明らか。ある時期から装いが急に変わり、あの頃とは比べようもないほど地味になった。“質素”はいいが、それとは少し意味が違う地味。たとえば葉山御用邸での“私服”ふうの装いも、意識的にオシャレに見えないものを選ばれていたように思えたから。

少なくとも今、多くの場面で“白”を着ているのにも、とても意図的なものを感じる。今回のオランダ訪問でも、即位式以外はすべて白のオーソドックスなスーツ。白はもちろん華やかさと品格を両方兼ね備えた色だし、好感度は申し分なく高いが、そのデザインや小物づかい、髪型までを含めたトータルな表現の仕方は、かつての雅子さまとは別人のよう。ファッションまでを否定されたことは容易に想像できるのだ。

いかに公務のファッションとは言え、本人のセンスのレベルがハッキリ現れるのはみんな知っている。雅子さま自身がとてもセンスのある人だったことも。そういう意味で、あの雅子さまの洗練は一体どこへ行ってしまったのだろうと、過去の映像との違いに逆に目を見張ったのである。ご成婚前、外交官だった頃から“オシャレの上手さ”も評判だった人だけに、ちょっと不可解ですらある。

というのも、“洗練”や“センス”というものは、運動神経と同様に、もともと備わっている才能のひとつで、何があっても減ることがない。鍛えられて増えることはあっても、減っていくものじゃないのだ。つまり、単に華やかさをセーブしているだけじゃない。意図的に洗練を外に出さないように努力しているとしか思えないのだ。“オシャレをしすぎる”と言われて、生まれもったセンスも封印してしまったとしか思えないのだ。

もともとオシャレの上手な女性が、わざとオシャレが下手なように見せるのは、ひどく難しい。大きな苦痛を伴うはずだ。それどころか、本来が体の中にある洗練を自ら否定するのは、やっぱり自分の人格を否定することに他ならないのである。

もちろん、心の病がそうさせるのかもしれないが、でも今、“白のオーソドックスなスーツ”ばかりなのは八方ふさがりで、もうそれしか選択肢がないからのようにも見てとれる。

確かに雅子さまの白は美しいし、あの笑顔とともに見る者をホッとさせてはくれるけれど、昔の映像の、洗練を絵に描いたような眩しい雅子さまを思うと、逆にちょっと胸が痛い。英国のキャサリン妃が、持ち前のセンスで世界的な人気を博しているように、プリンセスの人気の多くをファッションセンスが握っているのは間違いないのだから。

毎週のように週刊誌が取り上げる“雅子さまのこと”も、それを今まさにどう読むべきか、尚さらわからなくなった。“センスを奪われる”あるいは “センスを自ら抑制する”って、やっぱり女性にとっては“人格の否定”、異常なことには違いないから。

------------------------------------------------------



↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/18740658
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2013-05-12 23:03 | 東宮家。雅子さま。 | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る