条約の意味がないでしょう!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

韓国の判断で、
どうせ、中国では英雄になるんでしょう。
と思っていたらやっぱり。

中国は靖国放火犯を英雄視 「外交の勝利」宣伝利用か
↓以下参考のため引用------------------------------
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130105/chn13010500310000-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/world/news/130105/chn13010500310000-n2.htm
2013.1.5 00:30
 【北京=川越一】靖国神社の門に放火したことを認めたものの、韓国ソウル高裁が日本の引き渡し請求を拒否し、釈放された中国籍の劉強容疑者(38)が4日、韓国から空路、上海入りした。中国のインターネット上には劉容疑者を英雄視する意見が数多く寄せられており、韓国側の今回の決定は中国国民の反日感情と愛国心をあおる結果になった。

 中国外務省の華春瑩報道官は同日の定例記者会見で、ソウル高裁の採決について歓迎の意を表明。反日感情が再燃している国内世論をいさめることはなかった。劉容疑者の今後の処遇には言及しなかったが、2010年に沖縄県・尖閣諸島沖で漁船衝突事件を起こした中国人船長のケースと同様、中国政府は「中国外交の勝利」を国民に宣伝する材料として利用する心づもりとみられる。

 中国の大手ポータルサイトの掲示板にはこの日、「英雄の凱旋(がいせん)を歓迎する」「このような英雄は五輪の金メダリストより尊敬される」「暗闘は中国の完勝だ」といった書き込みが数多く寄せられるなど、中国人船長が帰国した際と同じような現象が起きている。

 「放火は刑事犯罪だ。法によって裁かれるべきだ」「事件の経緯を見て、中国人として恥ずかしくないのか?」といった意見に対しては、「投稿者は日本人だ」「ゴミ」「ブタ」といった侮蔑が浴びせられた。

 さらに今回は、「屈辱的な歴史を韓国も忘れられないことを証明した。われわれは一致して敵愾(てきがい)心を持ち、日本人に歴史上の過ちを認めさせ、軍国主義の台頭を抑えよう」と韓国に共闘を促す意見も少なくない。中国の朝鮮半島専門家も国際情報紙、環球時報で「中韓は歴史問題で共通認識を堅持し、協力を強めるべきだ」と主張した。
↑ここまで------------------------------------------

うんざりする国というか、
もう、国交の意味があるのか?と思ってしまう、
特亜の行為がまた増えました。

そして。
韓国の裁判官の国際常識はこんなもんなんですね。

「国家施設に相当する政治的象徴性がある」という決めつけは、
靖国神社に日本の閣僚らが参拝しているから。
・・・だそうです(絶句)。

「過去の日本政府の認識と政策に怒りを感じ、政策を変化させようとした」
「政治的大義のために行われた」
って、犯行を擁護してどうするんですか?

慰安婦問題や靖国神社への考えは、
放火犯と同調しちゃって「韓国の憲法や多数の文明国家が目指す普遍的価値と軌を一にする」
そうです。
じゃあ、放火をよしとするわけですか?

本当に腹が立ちます。

そもそも。
日韓犯罪人引き渡し条約を破るなんて、
条約を交わす意味がないって事ですよね。

日本はもう、特亜への円借款を返して貰うべきだと思います。
甘くすると、どんどん、いいように持って行くんですから!
それが、この特亜の国々なんです(怒)

↓こちらは韓国へのODAの額の一部です。見ると怒りが沸きますがあえてご紹介。
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/jisseki/kuni/j_99/g1-03.htm
http://www.mofa.go.jp/mofaj/gaiko/oda/shiryo/jisseki/kuni/j_90sbefore/901-03.htm

これだけのことをしてもらっておきながら、
韓国が堂々とこんな事をするなんて許せません。

日本国。
もう、特亜が近すぎます・・・。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/17570201
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2013-01-05 23:51 | 日本への思い | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る