皇后陛下、お誕生日おめでとうございます。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

今年は天皇陛下の手術もあって大変な中、
皇后陛下も頸椎症だけでなく、腰痛にも悩まされていらっしゃるのですね。
決してそんな素振りもお見せにならず、
ご公務をされていらっしゃいます。
お辛い時もあるでしょうに・・・。

皇后さま、78歳に=陛下の回復「何よりも安堵」
↓以下参考のため引用------------------------------
http://www.jiji.com/jc/c?g=soc_30&k=2012102000103
 皇后さまは20日、78歳の誕生日を迎えられた。これに先立ち宮内記者会の質問に文書で回答、2月に天皇陛下が心臓の冠動脈バイパス手術を受けた際の心情について不安でならなかったとし、退院後、3月の東日本大震災追悼式に陛下が出席したことに「何よりも安堵(あんど)いたしました」と記した。
 病院で陛下に毎日付き添った皇后さまは、当時を振り返って「不安でならず、お案じしつつお側での日々を過ごしておりました」。手術後、2度にわたり胸水を抜く治療を受けた際も、「一時は、これで本当によくおなりになるのだろうかと心配いたしました」と明かした。
 それだけに、陛下が出席を望んでいた3月の震災追悼式に出席できたことを「何よりも安堵いたしました」と表現。5月の訪英で対面したエリザベス女王と陛下のうれしそうな様子を見て、「私もしみじみと嬉(うれ)しゅうございました」とつづった。
 震災については、いまだに2700人以上いる行方不明者の家族や、原発事故があった福島県や周辺地域で不安な日々を送る住民らについて「安全で、少しでも安定した生活が出来るよう願うと共に、今も原発の現場で働く人々の健康にも、十分な配慮が払われることを願っています」と思いやった。
 宮内庁によると、皇后さまは最近、起床時に強い腰痛を感じることもあるが、早朝、散歩すると痛みが和らぐという。(2012/10/20-08:57)
↑ここまで------------------------------------------

↓こちらは宮内庁のサイトです。
皇后陛下お誕生日に際し(平成24年)
http://www.kunaicho.go.jp/okotoba/01/kaiken/gokaito-h24sk.html

おめでたい日に、自身のご葬儀の質問ってどうなのでしょうか。
不愉快すぎて、言葉が出ません。
どうかしちゃってませんか?
この記者(怒)。

両陛下は、ご高齢にもかかわらず、
宮中祭祀やご公務をこなしていらっしゃいます。

78歳になられたのですから、
もう少し、いたわって差し上げるべき役割の方は、
ご静養がたっぷりとされている東宮家だと思うのです。

この何年かで、いろいろと知った後は、
さすがに「おかわいそう」という気持ちもさすがになくなってしまった私です。

勝手な一般国民の思いですが、
「病は気から」も影響があるのではないでしょうか。

皇后陛下とお孫さま達とのふれあいのエピソードなど、
私的な部分のコメントがないんですもん。

お孫さまの成長って、とても嬉しい話ですよね。
そういうお話もして頂きたかったけれど、
そこも、お気使いなさっているという事でしょうか。

いつの間にか、
「開かれた皇室」から「閉ざされる一方の皇室」になってしまっているような・・・。

皇后陛下がおかわいそう、って声を大にして言いたいです。

くれぐれもお体を大切になさって下さいますように。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2012-10-20 23:48 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る