政府が女性宮家創設案を断念しました!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

ほっとしたニュースを久しぶりに見ました。
やっと諦めてくれたのね!

政府、皇室典範改正を断念 女性宮家創設に慎重論
↓以下参考のため引用------------------------------
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/plc12100407010003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/121004/plc12100407010003-n2.htm
2012.10.4 07:00 (1/2ページ) (2/2ページ)[皇室]
 政府は3日、皇族の減少を防ぐため検討してきた「女性宮家」創設に関する皇室典範など関連法の改正を断念する方針を固めた。「女系天皇」に道を開きかねない女性宮家創設には有識者ヒアリングでも異論が相次いだうえ、民主党や自民党内でも慎重論が根強いためだ。女性皇族がご結婚後も「内親王」などの尊称を保持する案についても法案化を見送る。

 政府は今年2~7月に計6回、女性宮家創設の可否などについて12人の有識者にヒアリングした。当初は10~11月ごろに意見公募(パブリックコメント)を行い、来年1月に召集される通常国会への関連法改正案の提出を目指していた。

 だが、ヒアリングでは「民間人とのご結婚を前提とした女性宮家創設は、皇室の本質を根本から変える女系天皇につながりかねない」(ジャーナリストの櫻井よしこ氏)などの反対論が出た。百地章・日本大教授も「女性宮家の創設は女系天皇への道を開く危険性があり、その場合、違憲の疑いさえある」と拙速な議論を慎むよう求めた。

 このため、政府は有識者ヒアリングの結果を月内に「論点整理」として公表し、これを事実上の最終報告とする方針に転換した。意見公募も行わず検討作業を終える。論点整理では女性宮家創設案に加え、女性皇族が結婚により皇籍を離れた後も「内親王」などの尊称を使って皇室活動を続けられるようにする「尊称保持案」も併記する。

 宮家創設案では、女性皇族のうち天皇の子や孫にあたる内親王が、ご本人の意思により一代限りで宮家を創設できる制度を提示。宮家の当主が民間人と結婚された場合、夫と子を皇族としない案も併記する。

 尊称保持案は「女性皇族がご結婚後も皇室活動に関与してもらうべきだ」として、宮家創設の反対派からも賛成意見が多い。ただ、民間人となった元皇族に特別の「身分」を与えれば、法の下の平等を定めた憲法に抵触する恐れがあるとして、国家公務員のような公的な役職を設け、皇室活動に参加できる制度を代替案として示す。
↑ここまで------------------------------------------

良かったです。

どうだっ!
所 功氏!!
これが日本国民の民意というもの。

ご高齢にもかかわらず、
過酷な宮中祭祀もご公務もなさっている天皇陛下のご健康状態が心配です。

宮中祭祀やご公務ももちろんですが、
天皇陛下から、密に帝王教育を悠仁親王殿下へ!
この実現のためにも、
素晴らしい環境が整いますように。

そして。
つい数年前まで知らなかったあのお方の事も、
いい方向で解決される事を願っています。
現在のままだと「ロイヤル・ナントカ」って言われたままです。

ただただ、お子様には何も非があるわけではありませんし、
問題視させているのは周囲の大人なわけです。
そろそろ、適した環境において差し上げるべきではないでしょうか。

一般庶民と比べてはいけないとはいえ、
幼少の頃より、殆ど幼稚園や小学校へ行かない、
これはいかがなものでしょうか。

あのお方のお子様に対する教育や接し方は、
皇室のあるべき姿とは違いますし。

何年か前の運動会でのガッツポーズと、
その後での寝そべったお姿を拝見した際には、
本当に唖然とした覚えがあります。

あのお方の外戚には、
油断をしてはいけないんでしょうけど。

いくら策を練ろうとも天皇家は続く。
そう信じている日本国民の一人です。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2012-10-05 00:07 | 皇室

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る