「オスプレイ」を覚える!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

あ。これはうちの、TV命の母の事です。

帰ったら、いきなり「オスプレイって、ええやんなぁ・・・。」
と、言ったのでびっくりしましたよ~。
うちの母から軍用機の名前が出るなんて!!

あれれ?
マスコミの印象操作で洗脳をされたのなら、
訂正せねば、と思っていたのに、

オスプレイ=危険すぎる

とはならなかった模様です。
残念でした!マスコミっ!!

「オスプレイって、一種類ちゃうし。」
って、ちょっこっと説明をしていると、
「あぁ~。ほんで、配備しはったんやなぁ。」
ってな具合で、納得していました。

えぇ、えぇ。そうですとも。
これだけ騒ぐって事は中共にとって、
オスプレイ配備はかなり痛いという事ですよね。

どうやら今日も「オスプレイ反対」の左巻きデモ映像等々がしつこかった模様です。
さすがに、TVによる洗脳も限界が見えて来たってことでしょうか。

↓こういう内容も流して欲しいものです。
オスプレイ低い事故率 感情的な危険論 7ルートで飛行訓練へ
↓以下参考のため引用------------------------------
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072321380028-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120723/plc12072321380028-n2.htm

2012.7.23 21:37 (1/2ページ)(2/2ページ)
 岩国基地に搬入された垂直離着陸輸送機MV22オスプレイについて、米軍は4月のモロッコ、6月の米フロリダ州での2回の墜落事故の原因調査で安全性を確認した上で試験飛行を行い、普天間飛行場に配備する。10月初旬からの本格的な運用では、本州、四国、九州など7つのルートを設定し、低空飛行訓練を行うことにしている。

 飛行訓練の経路にはグリーン、オレンジ、パープルなど6つの色の名称が付けられている。それとは別に、中国地方の「ブラウン」ルートでも実施する可能性が、米側から伝えられている。

 訓練計画では、普天間飛行場のオスプレイを月に2、3回程度、2~6機ずつ岩国基地とキャンプ富士(静岡県)に移動。高度150メートル付近での飛行訓練を実施する。

 低空飛行訓練は、敵のレーダー網をくぐり抜け、敵地深く侵入する作戦を遂行する上で必要だ。これらののルートは、岩国基地に配備されている戦闘機FA18ホーネットなどがすでに飛行している。

 だが、全国知事会は19日、オスプレイが危険であるとして「自治体や住民が懸念する安全性の確認ができていない現状では受け入れることができない」と反対の緊急決議を採択するなど、飛行ルート下の自治体で反発が強まっている。

 オスプレイは開発段階や今年2回の墜落事故によって、その危険性ばかりが強調されているが、10万飛行時間当たりの重大事故の件数を示す「事故率」は、海兵隊が所有する固定翼や回転翼の航空機の平均事故率より低いのが実態だ。

 オスプレイの事故率は1.93。海兵隊の垂直離着陸戦闘機AV8Bハリアーの事故率は6.76で、海兵隊全体の平均事故率は2.45だ。普天間飛行場の現行機CH46ヘリコプターは1.11だが、むしろ「老朽化し使い続ける方が危ない」(森本敏防衛相)状態だ。

 防衛省幹部は「オスプレイの安全性をいくら説明しても、感情的になった地元から冷静に受け入れてもらえない」と嘆く。(峯匡孝)
↑ここまで------------------------------------------

老朽化したものを使い続ける事の危険性も、
同じように流して欲しいものです。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/16451988
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2012-07-23 23:48 | つぶやき | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る