パンダはお引き取り願えませんか?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

赤ちゃんパンダ誕生がトップニュースの日本って、
本当におかしいです。(原発反対デモもおかしいっ!)

・・・という事はいつものように、
他に隠したいニュースがあるということですね?
報道しない自由という報道規制なるものがかかっている日本では、
なにもかも、疑ってしまいます。

と思っていたら、なんと2年で返す事になっているんですね。
知りませんでした、ワタシ。

制約がいっぱいある模様で、そのひとつが2年で返すという事って・・・。
とんでもない維持費のかかる動物なのに、
かわいい頃には中国へご帰国ですか。
それって、びっくりです。

こんな事を思うのはワタシだけですか??
と思っていたら、この方↓がバッサリと気持ちよくおっしゃって下さいました。

「パンダなんて興味なし!」石原都知事は今日もご立腹!
↓以下参考のため引用------------------------------
2012年7月6日 21時35分
7月5日、上野動物園では24年ぶり、自然交配では初めてという歴史的なパンダの出産に日本中が沸いた。早くも「赤ちゃんパンダの公開はいつなの?」との声が上がっている。過去には誕生から半年をめどに行われているが時期は未定。公開されれば「パンダ・フィーバー」が巻き起こることは間違いない。

そんな中、日本で一番と言っていいほど関心がないのが東京都の石原慎太郎都知事だ。石原都知事は記者会見で、上野動物園のジャイアントパンダ「シンシン」が出産した赤ちゃんについて「全然興味ないね、あんなもの。2年たったら返さなくちゃいけないんだろ」と述べた。
都知事は母親パンダの「シンシン」に妊娠の兆しがあることが判明した際、都が購入を計画している沖縄県・尖閣諸島にからめ「センセンとかカクカクと名付けたらいい」と語っていた。
また、6日の会見でも「尖閣って名前付けて返してやればいい。」と言いたい放題。
パンダの命名権は都にあるらしいのだが、正式決定には中国側の同意が必要だという。石原都知事の発言を受け、都幹部があわてて「知事の発言は冗談。大人の対応をします」と取りつくろった。
最初から上野動物園にパンダは必要ないと発言していた石原都知事。
中国側から提示されていた、2頭で年間1億円以上という法外なレンタル料を都の税金で払うことにも難色をしめしていた。

↑ここまで------------------------------------------

パンダのレンタル料は2頭で年間1億円以上するし!
死んだりしたらびっくりな金額の賠償金を請求されるし、
この節電の折に快適な温度設定で維持費も高くつくし、
食べ物の笹にもこだわりのお取り寄せ、って、
どんだけ贅沢してるねん!パンダ!!

経済効果とか、
かわいいとか、
それは分かります。
えぇ、分かりますよ。
確かにかわいいものはかわいいですもん。

でも、ちょっとちょっと!!
東日本大震災で困っている人達がまだまだたくさんいらっしゃるんですよ。
仙台のパンダ誘致といい、
なんだか方向が違うんじゃないでしょうか?って思うと、
素直に赤ちゃん誕生のニュースを喜べない自分がいます。

いっそ、2年たった時点で、熨斗付けて、
親子なんだし、一緒に返せないのでしょうか。

パンダ大使とかのトットちゃんも、喜びのコメントをされていましたけど、
えぇ年してるんですし、ユニセフ親善大使として、他にすることがあるでしょ?

とにかく!パンダはお金がかかるんですっ!
どうしてもパンダを見たい人は、四川省へ行きましょうよ!!

かわいいだけでは済まされないのがパンダです。
略奪した国の動物です。
チベットの人達の苦しみを忘れないでください。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/16255618
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2012-07-07 00:11 | パンダ | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise