優勝おめでとう!そしてありがとう!!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

土曜の夜中、応援しましたわ~。
サッカーアジア杯。

日本の誇りですね。
そして。
日本はやっぱり、神の国だと思いました。
(ゴールを決めた人がアレなのが微妙だったのですが・・・逆に人となりが分りましたし。)

何と言っても、↓この記事があったすぐ後ですし。
国旗国歌義務化は「合憲」 都教委側が逆転勝訴 東京高裁

こちらの社説とコラムが良かったと思いましたので、ご紹介いたします。

↓以下参照のため引用-----------------------
国旗・国歌訴訟 起立・斉唱認めた妥当な判決(1月29日付・読売社説)
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20110128-OYT1T01044.htm
 入学式や卒業式で国旗に向かって起立し、国歌を斉唱するよう、教職員に求めた東京都教育委員会の通達は、合理性があり、合憲である――。
 東京高裁はそう判断し、「通達は違憲」とした1審・東京地裁判決を取り消した。
 日の丸・君が代は国旗・国歌として、多くの国民に定着している。自国はもとより、他国の国旗や国歌に敬意を表すのは、国際社会で当然のマナーである。高裁判決は妥当な司法判断と言えよう。
 この訴訟で、原告の都立高校の教師らは「懲戒処分までして、日の丸・君が代を強制するのは、憲法で保障された思想・良心の自由を侵害する」と主張した。
 2006年の1審判決は「教職員に起立や斉唱の義務はなく、拒否しても処分されるべきでない」と、原告の訴えを認めていた。
 これに対し高裁判決は、「国旗に対して起立することは、特定の思想を外部に表明する行為ではないから、それを命じても、思想・良心の自由を侵害することにはならない」と指摘した。
 理由の一つに、国旗掲揚や国歌斉唱が、学校の入学式や卒業式だけでなく、スポーツ観戦でも一般に行われている事実を挙げた。納得する人は多いのではないか。
 学習指導要領は、教師に対し、国旗の掲揚と国歌の斉唱を指導するよう定めている。しかし、それが学校で十分に守られていなかったために出されたのが、都教委の通達だった。
 教師が個人的に様々な歴史観や世界観を持つのは構わない。だが、指導要領に反してもいいということにはなるまい。
 国旗・国歌を巡っては、君が代のピアノ伴奏を拒否した教師が懲戒処分の取り消しを求めた訴訟で、最高裁が07年に「伴奏を命じる校長の職務命令は、特定の思想を強制するものではない」と、合憲の判断を示している。
 今回の高裁判決も同じ流れにあると言えるだろう。最高裁判決以降、同種の訴訟では、教師側の敗訴が続いている。
 かつて、一部の教職員組合がイデオロギー的立場に基づいて、「反国旗・国歌」運動を繰り広げ、教育現場は混乱した。
 だが、国旗・国歌法が制定され、今やすべての公立学校で、国旗が掲揚され、国歌が斉唱されている。起立や斉唱を拒否する教師の数も年々、減少傾向にある。
 子どもの手本となるべき教師が、入学・卒業式を厳粛な雰囲気で行うのは当たり前のことだ。
(2011年1月29日02時04分 読売新聞)

-----------------------

1月30日付 編集手帳
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/column1/news/20110129-OYT1T00790.htm
 <子どもの心は、哲学者ロックが言うように、本来、「何も書かれていない白紙」である>。元文部官僚の菱村幸彦さんが『教育法規からみた現代校長学』(学事出版)の中で書いている◆情報があふれかえる現代、ロックが経験主義を唱えた17世紀に比べれば、白紙が埋まっていく早さはひとしおであろう。蓄積される「経験」を正しい「観念」に導く大人の役割は重要性を増す◆菱村氏は<子どもが「君が代」に嫌悪の情を持つとしたら、誰かがそう刷り込んだからだろう>と続ける。その「誰か」が、卒業式や入学式での国旗掲揚・国歌斉唱を快く思わぬ各地の先生方を指すのは明らかだ◆「起立や斉唱の義務はない」と主張する東京の教師たちが先週、東京高裁で逆転敗訴した。教師の思想・良心の自由を過度に重んじ、「国民は日の丸に中立的価値を認めていない」とまで言い切った、おかしな1審判決は覆った◆国語や数学の授業と同じく、国旗・国歌を尊重する態度を身をもって「指導」するのも教師の務めであろう。カタールのサッカー場で、肩を組み、国歌を口ずさむ選手たちがまぶしくみえた。
(2011年1月30日03時00分 読売新聞)
↑ここまで。--------------------------------

テロ朝は、表彰式をザックリ切ったようですけど、
そんな事をしても、無駄なんですよ。
スポーツって愛国心が目覚めるんですよね。

いくら教育しようとしても駄目です。
日本人は、君が代を聞くと気持ちが引き締まりますし、
日の丸はとっても美しいと感じますから。

またまた。
昨年のワールドカップに続いて、
国歌や国旗が大嫌いな政権与党集団へブーメランですね。

(以前の記事はこちら⇒日本人の誇りです!

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/12788156
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented by ナナシー at 2011-01-31 09:28 x
取りあえず、まともな判決が出て良かったですね。
だが、この狂った教師は最高裁に控訴するようだし、油断大敵ですよ。

特に判決の前の駄文がね。
Commented by Lisa_cerise at 2011-02-01 00:32
☆ナナシーさん、今晩は。

>取りあえず、まともな判決が出て良かったですね。
はい、本当に!一審には、びっくりしていたので、ほっとしましたわ。

>だが、この狂った教師は最高裁に控訴するようだし、油断大敵ですよ。
長くなりそうですよね。
こういう人達にはとっ~ても左巻きな弁護士が付いてますもんね。
あぁいう集団って、いろんな事件で繋がってますし!嫌ですわ~。
by Lisa_cerise | 2011-01-30 23:52 | 日本への思い | Trackback | Comments(2)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise