海上保安官の取材記事をご紹介いたします。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ

勇気ある海上保安官は、取材に応じていたのですね。

TVに出演した、海上保安官を取材した記者の話によると、
この方にはご家族もいらっしゃるのです。
ご家族の事を話す時は、涙ぐんでいらっしゃったと・・・。
ご本人やご家族の心労を思うと本当に胸が痛みます。

ニュースを見ていて気付いたのですが、
あのまんが喫茶の下は、私の大好きなケーキ屋さんなのです。
神戸という事もあって、さらに身近に感じました。

日本の国益のための勇気に感謝をし、
署名運動が始まったら、ぜひとも参加したいと思っております。
この勇気ある海上保安官を支援しましょう!

今日の逮捕は見送りになった模様です!
やはり、国民の声は大切です。

※こちらの記事↓は、故郷は新潟さんから教えて頂きました。
↓以下参照のため引用-----------------------
国民に見る権利…航海士、読売TVが数日前取材
http://www.yomiuri.co.jp/national/news/20101110-OYT1T00972.htm?from=top
 国家公務員法違反容疑で警視庁の取り調べを受けている神戸海上保安部の主任航海士とみられる男性は、数日前、神戸市内で読売テレビ(大阪市)の記者の取材に応じていた。

 10日夕の同テレビのニュース番組によると、先週末にビデオ映像流出が発覚した後、「sengoku38」と名乗る男性から報道局記者に連絡があり、この記者が面会して約2時間取材した。

 男性は待ち合わせ場所を神戸市内に指定。取材では、海上保安官の身分証明書を示したうえで、言葉を選びながら落ち着いた様子で動機などを語った。

 まず、男性は中国漁船衝突の映像をインターネット上に公開したことを明かし、「あれを隠していいのか。私がこういう行為に及ばなければ、闇から闇に葬られて跡形もなくなってしまうのではないか。国民は映像を見る権利がある」「誰にも相談せず一人でやった」などと記者に語ったという。

(2010年11月10日21時25分 読売新聞)
↑ここまで。--------------------------------

そして。
責任を押しつける健忘長官。

この記事を読んで、やっぱりね!と思いましたわ。
自民党が政権与党の時から、トンデモない人の集団だとは思っていましたけど、
ここまで、無責任党だとは!

↓以下参照のため引用-----------------------
【海保職員「流出」】仙谷氏「海保長官に重い責任」 馬淵国交相については否定
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101110/plc1011101744014-n1.htm
2010.11.10 17:38
 仙谷由人官房長官は10日の記者会見で、海上保安官が尖閣諸島沖の中国漁船衝突事件のビデオ映像を流出させたと名乗り出たことに対する海上保安庁の鈴木久泰長官の監督責任について「独立性、自立性に応じた責任は当然出てくる。強制力を持った執行部門は、それなりの強い権限がある代わりに強く重い責任を負う」と述べ、責任は免れないとの考えを示した。

 ただ、馬淵澄夫国土交通相に関しては「政治職と執行職のトップの責任のあり方は違う」と、責任を問わない意向を表明。海上保安官の処分については「必要があれば行う」と述べた。
↑ここまで。--------------------------------

海上保安庁長官には監督責任を問うけれど、民主党の国土交通相は問われないわけですか。
あらあら。
ミンス党は『政治主導』がご自慢ではありませんでしたっけ?
どこまでも責任感のない、甘い考えのミンス党ですね(呆)
身内擁護もたいがいにして欲しいものです。

何が悪いって、健忘長官がとっととビデオの公開をしていれば、
中国から、こんなにも、なめられたりしなかったのです。
自分が地検に責任を押し付けて、中国人船長もどき犯罪人を釈放したのが原因でしょう!
全て、自分が指揮した内容が間違っていたのが事の始まりなんです。

海上保安官が自らの将来をかけて流出という形を取らなくても良かったのですし、
この方が逮捕なんてされずに済んだのです。

あのビデオは、教育用のビデオの可能性が高いそうです。
次にまた、中国がああいう、当たり屋をしてきた時の対応のために必要と聞けば、
納得出来ました。
とんでもなく丸腰政府なので、
次はもっと酷い事をしてくると想定していなければいけませんものね!

海保の方達は命がけなんです。
健忘長官や、極左政権党の人達のように、
夏はクーラー、冬は暖房の効いた会議室でゆるゆるとお仕事をしているのではないのです。

どうせ。また、健忘症ってまた逃げるおつもりでしょう。
でも。
日本国民は許しませんから。

↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-11-10 23:34 | 日本への思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る