いっそ、中国で住めばいいのでは!?仙谷サン。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


この人がどこの国を向いているか、分かってはいましたけど、
日本国の官房長官たるもの、中国を援護してどうするんですか?

中国の主張を丸のみして、枝野氏の発言やら何やらに絡めるのは、
弁護士さんの時のクセですか?
どうも、中国の首脳発言に聞こえて仕方がないんですけど・・・。
こんな人が官房長官だなんて、とんでもないです。


↓以下参照のため一部引用-----------------------
【尖閣衝突事件】仙谷氏「日本が中国に迷惑」対中観で不一致
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/101004/plc1010042317014-n1.htm
2010.10.4 23:13
 仙谷由人官房長官は4日の記者会見で、民主党の枝野幸男幹事長代理が沖縄・尖閣諸島沖で起きた中国漁船衝突事件をめぐり、中国を「悪(あ)しき隣人だ」などと批判したことに反論。戦前の日本が「侵略によって中国に迷惑をかけた」ことを理由に中国を擁護した。「対中観」で不一致が露呈した形だ。

 仙谷氏はこの中で「古くから中国から伝来した文化が基本となり日本の文化・文明を形成している」と歴史を説きおこし、「桃太郎などの寓話(ぐうわ)も中国から取ってきたようなものが多い」と中国の文化的優位性を強調した。

 さらに「歴史の俎上(そじょう)に載せれば、そんなに中国のことを(悪く)言うべきではない」と枝野発言を否定。「(中国は)清朝の末期から先進国というか英米の帝国主義に領土をむしりとられてというと言い過ぎかもしれないが、割譲されて民族としても国家としても大変、つらい思いをしてきた歴史がある」と中国の近代史に同情してみせた。

 そして「返す刀」で日本の戦争責任論に触れ、「日本も後発帝国主義として参加して、戦略および侵略的行為によって迷惑をかけていることも、被害をもたらしていることも間違いない」と日本の侵略を強調して中国を擁護した。
↑ここまで。------------------------------------

そもそも、枝野氏の「悪しき隣人」発言は、
きっと、多分、民主党の、お花畑向けパフォーマンス。
ご自身は、政治家としての発言には重みがある事を感じていないからなんでしょうけれど、
この発言によって、中国にまた言いがかりを付けられるんですから、
政治家としての発言は重いんだと、いい加減に自覚して欲しいです。

民主党って、とことん、日本の国を向いて政治をしていません。

廊下会談って言葉がむなしいです。


↓励みになります♪1日1回のクリックご協力をお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-10-05 20:27 | 日本への思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る