恫喝に弱すぎな人たち!!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


恫喝に弱いけど、自分たちはするんですね。
そのお陰で、国益を大きく損ねる結果となりました。
日本国民は非常に落胆しております。


「那覇地裁が政治判断するのはおかしい。それは政府のすることです。」
昨日のニュース「アンカー」でヤマヒロさんの締めの言葉です。

そうだそうだっ!!ほんとうにおかし過ぎる!と思って見ていました。

で。韓総理と仙谷官房長官がやったこと
と読売に記事が出ました。
やっぱりね~。
そりゃあ、知らないわけないですよねぇ(呆)
いらだつ、って、いらだってるのは日本国民ですっ!!


以下、一部抜粋します。----------
いらだつ首相「超法規的措置は取れないのか」
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20100925-OYT1T00154.htm

・・・首相とその周辺が中国人船長の扱いをめぐる「落としどころ」を本気で探り始めたのは、船長の拘置期限が延長された19日以降・・・(略)・・・
 実際に「船長釈放」に動いたのは、仙谷官房長官と前原外相だったとされる。

 23日朝、ニューヨーク。日中関係の行方を懸念するクリントン米国務長官と向かい合った前原外相は、こう自信ありげに伝えた。
 「まもなく解決しますから」

・・・(略)・・・
 菅政権の政治判断の背景には、郵便不正事件をめぐって大阪地検特捜部の主任検事が最高検に証拠隠滅容疑で21日に逮捕されたことで検察の威信が低下し、「今なら検察も言うことをきくだろう」との思惑が働いていたとの見方がある。
・・・(略)・・・
 「菅も仙谷も、外交なんて全くの門外漢だ。恫喝(どうかつ)され、慌てふためいて釈放しただけ。中国は、日本は脅せば譲る、とまた自信を持って無理難題を言う。他のアジアの国々もがっかりする」。党幹部はうめいた。
(2010年9月25日03時16分 読売新聞)
ここまで----------------------

前原っ~。あなたね、もう、保守のフリするんじゃありません。
『次は絶対落選させたい対象』に決定です!

ほぅら。次は監視船が2隻来たじゃないですか・・・。
尖閣諸島領海海域に。
次は、もうほぼ完成している、あの軍艦が来ると思います。


↓以下参照のため引用-----------------------
<中国監視船>尖閣付近を航行 示威行動か
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20100925-00000004-mai-soci
9月25日(土)2時33分配信
 中国農業省所属の漁業監視船2隻が24日午後6時ごろ、沖縄県・尖閣諸島の領海付近に姿を見せ、同11時現在も領海線に沿って周囲を航行していることが分かった。国連海洋法条約などで、領海への侵入を未然防止できるエリアとして設定されている接続水域にも入っているという。海上保安庁は、中国政府による示威行動とみて警戒している。

 監視船は中国領海での中国漁船の保護や管理、外国船に対する監視などを行うとされ、軍艦を改造し、ヘリコプターや銃器を搭載した船もある。

 海上保安庁などによると、今回は漁船はいないという。【石原聖】
↑ここまで。--------------------------------

中国は、日本よりう~んとお金持ちの恫喝する国です。

黄砂対策費等の1兆7500億円や、
そんな国からの留学生への無償奨学金などの数々の支出。

次の国会で停止ですよ!
いいですか?分ってますか??

こうなったら、日本国民も民主党を恫喝で?

いえいえ。そんなことは致しません。
日本国民ですもの。


↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-09-25 16:52 | 日本への思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る