思いつきで安全保障を語ってはいけないのでは?

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


やはり、日本は自国の安全保障のために、
核保有を決断すべき時だと思うのです。
このような記事を読むと、いつも、自国は自国で守るべきだと改めて強く思うのです。


↓以下参照のため引用-----------------------
安全保障読本(44)米側から求める沖縄撤退に覚悟あるか
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100919/plc1009192348003-n1.htm
http://sankei.jp.msn.com/politics/policy/100919/plc1009192348003-n2.htm
2010.9.19 23:47
「基本的には県外、できれば国外と思っている」

 鳩山由紀夫前首相の思い付き発言で、米軍普天間基地移設問題は迷走を重ね、日米同盟は大きく揺さぶられた。ただし、後世の学者は鳩山責任を問わないかもしれない。鳩山放言がなくても、在日米軍基地を米本土寄りにかなり後退させる戦略を、米国は常に研究・検討してきたからだ。

 米国では「同盟国からの米軍撤退」「戦争静観」が歴史上、幾度も実行されてきた。それに従えば、米国が現行戦略の大転換を果たす可能性はある。実際、シンクタンクCNAS(新米国安全保障センター)のロバート・カプラン上席研究員は、米誌フォーリン・アフェアーズで発表した論文「中国の影響力にかかわる地理学」で、「米国防総省内で検討されているギャレット計画」なる衝撃的戦略を解説している。

 計画はパット・ギャレット退役海兵隊大佐が立案。「現行の280隻より少ない戦闘艦艇250隻と、1割半以上減じられた国防予算でも、直接軍事対決なしで中国の戦略的パワーに対抗できる」と断じている。

 その柱は「大洋州の戦略的重要性」に着目、中国が西端を形成するユーラシアの均衡を企図している点だ。具体的にはグアム▽カロリン▽マーシャル▽北マリアナ▽ソロモンの各諸島は、東アジアにも「比較的近距離」なことから「戦略的重要性を増す」と分析している。要するに、在外米軍基地の東アジアから大洋州への大撤退である。

 「米国にとって日本や韓国、フィリピンで駐留軍を維持するよりも、大洋州に基地を保有する方が(中国に)挑発的でなかろう」との本音も漏らしている。

 計画はインド洋における米海軍の活動拡大も想定するものの、既存の米軍基地拡充を目指してはいない。ブルネイやマレーシア、シンガポールとの防衛協定に加え、アンダマン諸島(インド領)▽モルディブ▽コモロ▽モーリシャス▽セーシェルなど、インド洋に点在する各群島国家内の必要最小限の施設を活用。ユーラシア南縁の航行の自由とエネルギーの安全輸送を確保できる-としている。

 東アジアを大撤退する米軍が、新たな受け入れ先として大洋州に加え、東南アジアからインド洋上にも求める戦略だ。東アジアを“空白”にする代わりに、その東西を固める狙いが見える。カプラン氏は「日本と韓国における米軍基地の重要性を減じ、大洋州での米活動拠点を多様化することで敵の標的となりやすい主要基地を撤廃できる」と、計画を評価する。

 一方で「『基地駐留権』をめぐり米軍と交渉することと、米軍の本格的『撤退』を求めることの間には大きな違いがある」と、警告する。ギャレット計画には米国内で批判も多いが、米国との「基地駐留権」交渉を、図らず?も「撤退」交渉に飛躍させてしまったかもしれない民主党政権の姿勢は、計画を米国政府関係者に再認識させる契機となったに違いない。

 そもそも、端(はな)から外国軍事力を頼みに、祖国を防衛する“戦略”は「異形」である。「異形」を潔しとせぬのなら、武備を大拡充し、核保有議論の封印も解かねばならぬ。ところが現実には米軍の通常・核戦力を心のどこかで当てにし、自衛隊と米軍による抑止力で創り上げた一時的平和にどっぷりつかりながら「米軍撤退」「自衛隊縮小」をもくろむ政治家が政権内で跳(ちょう)梁(りょう)している。彼らは「反米親中」と同時に「反日」という「異形」の思想構造を形成している。ただし、こちらの「異形」は祖国を破壊する質(たち)の悪いエネルギーを伴う分、大変危ない。
↑ここまで。--------------------------------

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-09-20 12:37 | 日本への思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る