急な傷跡に唖然!日本では、中国漁船はキレイでした!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


日本から返してあげた漁船はどうなったのでしょう?

ご覧ください。なんということでしょう!!

漁船を中国に返してあげたら、
穴が空いているではないですか!!

これぞ中国です。
日本政府も、これぞ日本という毅然とした対応をしますよね!!

【Before】

d0176186_22342573.jpg







巡視船と衝突後、石垣島に到着した中国のトロール漁船=8日、沖縄県石垣市にて。

【After】
d0176186_22394443.jpg







15日朝に帰国した中国のトロール船。

↓以下参照のため引用-----------------------
尖閣沖衝突の中国漁船 船体に赤さび、操縦室には日本食
http://www.asahi.com/national/update/0915/TKY201009150452.html
 【晋江(中国福建省)=奥寺淳】尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船と衝突した中国のトロール漁船「ビン(門がまえに虫)晋漁5179」が15日朝、漁業監視船に守られながら福建省晋江の母港に帰国した。接岸した同船の中に入った。

 木の甲板は黒ずみ、船体の鉄板は所々赤さびが目に付く。接岸後に船に乗り込んだ漁師は「建造から5、6年しかたっていない」というが、相当年代物に見える。

 操縦室は船の中央部にある船室の2階にあった。室内や操縦台、いすは木製で、多数の配線がむき出しになっている。日本側から差し入れされたのか、飲みかけのオレンジジュースや食パンなど日本の食品が置かれたままになっていた。船室の1、2階には、船員が横になれる畳1枚ほどの小部屋が計15室あった。

 地元の漁師によると、この港には約500隻の同型船があるといい、「大半が年に何回も釣魚島(尖閣諸島)近海へ行く」(37歳の漁師)という。カワハギなどの魚が増え始める8月ごろから出漁する船が増え、50代の漁師は「常に100隻以上が釣魚島近海で漁をしている」。今回の事件後も、これから尖閣沖へ行くという船もあった。

■船首右側に経緯不明の穴

 尖閣諸島沖で海上保安庁の巡視船に衝突し、15日朝に中国福建省晋江の母港に戻ったトロール漁船「ビン(門がまえに虫)晋漁5179」は、船首部分に2カ所の穴が開いていた。地元漁師は「衝突でできた」と主張したが、海上保安庁は「漁船の穴は、石垣港での検証では確認されておらず、巡視船と衝突した際にできたものではない」として事件との関連を否定している。

 拿捕(だほ)された漁船が石垣港に到着した際には穴がなかったことは、当時の写真からも確認できる。経緯は不明だが、石垣港出発後、帰国までの間にできたと見られる。


 同庁は事件当初から、「漁船の左舷側が巡視船に接触した」と発表していた。
↑ここまで。--------------------------------

改造内閣は「有言実行内閣」と命名したそうです。

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-09-17 22:47 | 日本への思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る