中川郁子さんの切ない思い。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


昨日、文藝春秋を買い、真っ先に読んだのは、
故中川昭一さんの奥様の中川郁子さんの寄稿です。
(これが読みたくて買ったものですから、他はまだ読んでないものが多いです。)

【義父中川一郎・夫昭一「父子連続怪死」の全真相】
義父様だけでなく、旦那様も突然お亡くなりになったこと、
文章から、中川郁子さんの切ない思いがしんみりと伝わってきました。
中川昭一さんはお父様より1年も早くお亡くなりになられたのですものね・・・。
本当に早過ぎる死に、なんとも言えない気持ちになりました。

秘書時代の鈴木宗男もご存知の中川郁子さんですが、
折しも、ようやく鈴木宗男の有罪確定が決まった事もあり、
感慨深いものもありつつ、読ませていただきました。
※これから読まれる方もいらっしゃるので、内容には触れません。

中川昭一さんの公式サイトは今もおいて下さっています。
有名なので、皆さまもご存知だと思いますが、あえて再びご紹介させて下さい。

日本をこんなに思って下さっている政治家を、マスコミは叩き続けましたよね。
あの酩酊会見も、印象操作が行われていました。悔しいです!!

書いてある内容は、悲しいことに、
まさしく今の日本の現状となっています。

↓以下参照のため一部抜粋-----------------------
日本が危ない―民主党の政権公約 「毒の入ったヤミ鍋だ」  8月12日
(http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20090812_495.html)
そもそも、この公約は一体どこの国の公約だろうか。
民主党と知らずに読む人にこの公約はどこの国の政党だと思いますかと問うてみたい。
毒の入った「ヤミ鍋だ。」(言われたら後から何でも入れる)
こんな政策が実現したら、国民は意欲をなくし、経済や地方は衰退し、国力は必ず破壊し、
公務員の労働組合だけが盛える国家になる。
ヒトラーや毛沢東も似たような手法で権力を握ったが、その後の国家と国民はどうなったか。
平成5年の細川内閣成立後の日本(不景気、凶作、ウルグアイ・ラウンド終結等)はどうなったのか。
「民主党の風」は「日本破滅の風」だ。絶対に阻止しなければならない。
「希望と発展、魂もない国家」にしてならない。これでは日本は沈没する。

--------------------------------------------

戦いに向けて―日本が危ないⅡ 平成21年8月17日
(http://www.nakagawa-shoichi.jp/talk/detail/20090817_496.html)
民主党の政策では、国家・歴史・伝統・文化が崩壊させられるし、安保保障政策もない。
財源無視で、国民にはバラマキ、国は旧社会主義系公務員労組が全て支配する。
ローマ帝国やナチス・ドイツの様な「パンとサーカス」、「アメとムチ」、
毛沢東中国のような「ムチと貧困」の国家になってしまう。
↑ここまで。------------------------------------

民主党のふがいないニュースを知って、
たまらなくなったとき、訪問しています。
だから、何度読んだか分りません。

「負けてたまるか!」という気持ちが沸いてきて、
頑張ろうっ!といつも思えるのです。


↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-09-11 16:16 | 気持ち

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る