え?「筋肉が溶ける」のですか!!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


ザリガニを食べると筋肉が溶けるという記事・・・想像が出来ません。
洗い粉で洗浄って・・・???
日本では、こんなニュースは流れませんよね。
有り得ないです。

そう言えば。この国へ出張後に必ずお腹をこわしてしまう胃腸の弱い男子が、
水だけでなく、氷も厳禁だと教えてくれたなぁ、と。しみじみ。
あ。もちろん、美味しかった~!と、太って帰ってくる鉄の胃を持つ男子もいます、念のため。

↓以下参照のため引用-----------------------
「洗い粉」のせい?ザリガニを食べて筋肉が溶ける市民が続出―南京
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0823&f=national_0823_062.shtml
2010/08/23(月) 12:08
 食の安全に対する意識が高まりあるつつある中国だが、その道のりは遠いようで、食品に関する事故のニュースは日々絶えることがない。江蘇省南京市ではここ数日、食用のザリガニを食べた多くの市民の筋肉が溶解してしまうという事態が発生しているようだ。揚子晩報が伝えた。
 同省人民病院をはじめとする南京市内の病院には7月頃よりザリガニを食べた市民が体調不良を訴えて入院するケースが増えているという。その症状は食中毒によるものではなく、筋肉が溶けることでタンパク質が血液中で増加してしまうとのこと。体のだるさを訴える患者が多いが、症状が重い場合は腎臓の機能も低下するようだ。
 症状を訴える市民はそれぞれレストランや家庭で十分に加熱したザリガニを食べていたとのことだが、その原因ははっきりしていない。細菌性食中毒の可能性は低く、食べた後にすぐ症状が出ることから重金属によるものでもないと見られており、化学物質や有機物による中毒との見方が強まっている。
 そんな中、ザリガニを洗浄するために用いられている「洗い粉」に疑いの目が集まっている。症状が出た市民の多くは、ザリガニが通常より大きくしかも非常にきれいだったという。そこである医師が付近の販売者に尋ねてみると「洗い粉」の使用を認めたとのことだ。しかし、粉の成分については何も語らなかったという。
 記事では、腐敗が始まったザリガニはハサミが脱落しやすいことから、きれいで光沢があるにもかかわらずハサミが少ないものは「洗い粉」で洗浄している可能性が高いとして注意を呼びかけている。(編集担当:柳川俊之)

ザリガニ「洗い粉」は工業用強酸か、各地に波紋広がる―中国
http://news.searchina.ne.jp/disp.cgi?y=2010&d=0824&f=national_0824_060.shtml
2010/08/24(火) 11:28
 江蘇省南京市で、家庭やレストランでそれぞれ食用ザリガニを食べた市民約20名が筋肉の痛みなどを訴えていたことが先日地元メディアによって報じられたが、その波紋が全国に伝わっている。各地のメディアが現地の市場に潜入取材を行ったり、現地では発症例がないことを伝えたりしているほか、「洗い粉」の正体について分析するメディアも登場した。
 河南省のメディア大河報は、同省鄭州市内の水産市場で取材を行った。売り場に並ぶザリガニはハサミや腹部が「かつてそうであったように黒い泥が付着しておらず」、どれもきれいに洗われていた。販売者に聞いてみると、入荷したときからきれいに洗われていたとのことで、どの段階で洗われたかについては口を開かなかったという。
 別の市場でザリガニを売っていた女性は「洗い粉を使うと光沢が出て新鮮に見えるからよく売れる。自分で食べるときは、こんなもの使わない」と語ったことや、別の店の店長が「粉に浸しておくと数分のうちにきれいになる。強烈な鼻をつくにおいがあるけれど、炒めてしまえばにおわなくなる」と話したことも合わせて伝えた。
 広東省のメディア広州日報は、「洗い粉」の成分が工業用として利用されているシュウ酸ではないかとの考察を出した。中国水産科学研究院珠江水産研究所の研究員に取材したところ、ザリガニは凹凸が多く泥を落としにくいために高圧洗浄をかけたり、酸を用いて洗うものもいるという。酸の特定はできないが、おそらく工業用の酸だろうというのが研究員の見立てだ。そこで記事では、個人が自由に購入することができ、広く用いられている工業用酸としてシュウ酸を紹介した。シュウ酸は酢酸の1万倍の酸性を持ち腐食性が強く、サビ取りや便器の漂白に用いられるもので食品への使用は認められていない。
 ザリガニの「洗い粉」については上海市でも昨年5月頃に問題となり、同市薬品監督管理局が「食品添加剤管理規定に違反する」として緊急通知を出していた。今回再度取り上げられたことで、取り締まり方法も含めて騒動が再燃しそうだ。(編集担当:柳川俊之)
↑ここまで。--------------------------------
さて。
こういう怖い国へ行っている日本国の岡田外相は、温家宝首相から、こんな事を言われていました。
↓以下参照のため引用-----------------------
中国首相、日系進出企業の賃上げ求める 岡田外相と会談
http://www.afpbb.com/article/politics/2751697/6121472
【8月29日 AFP】中国・北京(Beijing)を訪問中の岡田克也(Katsuya Okada)外相は29日、中南海(Zhongnanhai)で中国の温家宝(Wen Jiabao)首相と会談した。この席で温首相は、中国に進出した日系企業で働く中国人労働者の賃上げを検討するよう求めた。日本の外務省が同日発表した。
 前日の28日に北京で開かれた日中ハイレベル経済対話に参加した日本側出席者と中国の王岐山(Wang Qishan)副首相、楊潔チ(Yang Jiechi)外相も同席した。
 岡田外相は日中ハイレベル経済対話で、ハイブリッド車や電気自動車、携帯電話、ハイテク製品などに使われ、中国が世界生産の97%を占める「レアアース」の輸出規制に懸念を示すとともに、中国に進出した日系企業のビジネス環境の改善などについて指摘していた。欧米各国の企業や政府も、中国が不公平な政策と市場規制を行い外資系企業に打撃を与えていると繰り返し主張している。
 これについて温首相は「レアアースについてはかつて乱開発や密輸が行われた中で規制を始めているが輸出を停止することはない」と表明し、「労働争議は主に一部の外資系企業で発生しているが、その背景には賃金が相対的に低いという問題がある、この点について対応をお願いしたい」と語ったという。
↑ここまで。--------------------------------

「賃金が相対的に低いという問題」とおっしゃいますが、
日本企業はその低賃金を目当てに進出しているのですよね?
利益を考えて、やっぱり撤退とかしたら、
7月1日の例の法によって、ボッシュートという流れではないですか?
健康にも企業にも、とってもハイリスクな国です。

言われるがままに、なんでもハイハイと差し出し、
何でも好き勝手に言われている日本政府に呆れ果てています。
「日本のマグロ漁獲量」といい、
黄砂対策費に1兆7500億といい、
もう、・・・挙げればきりがないです。 

とにかく、中国向け支援を全部やめなければ!
日本を追い抜いて、GDP世界第2位になった中国に支援する必要があるんですか?

日本政府は、日本を向いて動いてくれないと!
いつまで続くのでしょうか。あの党の政権。

急にトロイカ体制とか言い出してますが、耳障りなんですけど。
ロシアの三頭立て馬車だかなんだか知りませんが、ここは日本ですっ!
そ・れ・に。
トロイカに日教組のドンをプラス1したら4になるし、トロイカじゃないです!
相変わらず、意味不明なことばかり。

ちゃんとした日本語を使いましょうよっっ!

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/11840138
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
Commented at 2010-09-01 13:26 x
ブログの持ち主だけに見える非公開コメントです。
by Lisa_cerise | 2010-08-31 22:36 | 日本への思い | Trackback | Comments(1)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る