このシベリア抑留の特集記事。どう思われますか?ぜひ、読んで下さい!

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


8月に入ると、マスコミはとっても反日的になります。
読売新聞さんは『シベリア抑留』のことを特集中です。
このシベリア抑留の話は、無事に生還出来た、今は亡き大叔父から聞いていましたし、
そのあまりの過酷さに衝撃を受けたので、小さい頃からソ連に対する思いは複雑です。
ですので、この特集は、よくぞ生還されました・・・という思いで、読んでいました。
生きて証言して下さる方がいらっしゃってこそ、分かる話ですから。

そして、シリーズ4回目。
謝罪をお求めの韓国人が取り上げられました。
この内容をどのように思われますか?

↓以下、参照のため、原文です。---------------
2010年8月13日読売新聞
シベリア抑留[4] 終わらない悲劇

自力で韓国帰還 同胞からリンチ
「すまなかった」の一言を


 白黒写真に収まった丸刈りの少年の顔には、あどけなさが残る。韓国・ソウル郊外の始興市で暮らす李在變(84)は、18歳当時の写真を書斎に飾る理由を、丁寧な日本語で説明した。
 「戦前の写真はこれ1枚だけです。幸せな時代があった証しを残しておきたくて。この後、人生が百八十度変わりましたから」
 日本国民「星山在變(ざいしょう)」として徴兵され満州(現中国東北部)に配置されたのは、撮影翌年の1945年8月1日。所属部隊には同年代の朝鮮人が数多くいた。教わったのは、木箱の爆雷を抱えて戦車に飛び込む方法だけ。恐怖と情けなさで兵食の麦飯がのどを通らなかった。
 同9日のソ連軍侵攻から約1か月後、シベリア中部のクラスノヤルスクに抑留された。住宅建設の強制労働で、レンガ運びなどのきつい仕事は朝鮮人の役目。収容所に戻ると、日本人古参兵に「班長殿をお手伝いせんか」と殴られ、上官の手をもみ、靴を洗った。47年春、日本人に帰還命令が出たが、朝鮮人たちは、「ソ連が承認する国が存在しない」と留め置かれた。
 やっと解放されたのは、ソ連の支援で北朝鮮が成立した後の48年12月。船で送られた朝鮮半島北東部の興南から、約500人が自力で南の韓国を目指した。北緯38度線を越えた瞬間、〈自由〉を確信したが、待っていたのは警官だった。
 「共産主義に洗脳されただろう」。1か月間拘束され、執拗な尋問を受けた。釈放の際は、「シベリアでの話は口外するな」とクギを刺され、その後も数年間は警察の許可なしに遠出を許されなかった。
 □ □
 4年余の抑留から故郷の天安市に生還した李厚寧(85)は、薪売りに行った隣町の市場で反共産主義のグループに拉致され、「ロシアに帰りめ!」(←注:原文のまま)と、こん棒によるリンチを受けた。
 薪売りは、初めての子をみごもった妻に飲ませるワカメスープの食材を買うためだった。抑留中、夢にまで見た祖国でのむごい仕打ち。それと、妻への心ばかりの品すら買って帰れないみじめさで、腫れ上がった両目から涙がこぼれ出た。
 韓国とソ連が国交を樹立した翌年の91年、在韓の元抑留者らと、日本政府に謝罪や補償を求める「シベリア朔風(さくふう)会」を結成。しかし、陳情書を持参したソウルの日本大使館は扉さえ開けてくれず、日本政府に賠償を求めた訴訟は棄却された。元抑留者に給付金を支給する特別措置法も、対象は日本人に限られた。
 韓国に帰還した元抑留者は約500人とされるが、昨年2月に38度線付近で開いた慰霊祭に姿を見せたのは十数人。病床から出席した会長の李炳柱(85)はしかし、あきらめない。今月6日には、菅首相にあてた謝罪を求める文書を支援者経由で官邸に届けた。
 「年取ってお金たくさんいりますか?。欲しいのは『すまなかった』の一言。仲間たち、大勢死にました。生きている者も長くない。時間がない。名誉を回復して欲しいのです」(敬称略)

(写真掲載の横に一言ありました)
「ここを通って祖国にたどり着くと、新たな苦難が待っていた。」38度線に立つ石碑の前で振り返る李在變さん(韓国・京畿道漣川郡で)

朝鮮人抑留者
正確な数は不明だが、全国抑留者補償協議会によると、満州に住んでいた朝鮮族を含め6000人以上とみられる。同協議会の有光健・事務局長は「台湾人を合わせても現存者は100人に満たないだろう」と話す。

ご感想や体験などを〒530・8551(住所不要)読売新聞大阪本社社会部へ
お寄せください。
ファックスは06・6361・0733、メールはo-sensou@yomiuri.comです。
↑ここまで。--------------------------------
”年取ってお金たくさんいりますか?”
”欲しいのは『すまなかった』の一言。”と言いつつ、
日本政府に賠償を求めた訴訟を起こし棄却されているこの方達。
シベリア抑留の事も、祖国での同胞からのいじめも、
何もかも日本のせいと主張する、
この方達の言い分を検証してくださる方、
反論して下さる方、
ご存命の方はいらっしゃいませんか?

強制労働をしていたのはソ連であって、日本ではありませんし、
巨額の個人分も、韓国政府に一括して渡しています。
更なる謝罪や補償をお求めでしたら、自国であり、ソ連ですよね?
強制労働の指揮系統はソ連ですよね?
朝鮮人だけがきつい仕事の役目を負うなんてあり得る事でしょうか?
共産主義洗脳係を指示するのもソ連兵だと、
前回までの記事内で日本兵の方は証言されていました。
ですが、国交が回復したソ連ではなく、この方達は日本への謝罪をお求めなのです。
しかも今月6日には、菅首相に謝罪を求める文書を届けています。
支援者経由で。支援者ってどなたですか?
まさか日本人ではありませんよね?
菅首相は、更に何かをしそうじゃありませんか?
もう、ぞっとする話ばかりです。

[対日補償要求は終了 韓国政府が公式見解]
http://sankei.jp.msn.com/world/korea/090816/kor0908161337004-n1.htm
条約において完全に解決した事も、
こうして、ずっとゆすりたかられ続ける日本でいいのですか?
私は、主張する日本人でありたいと思います。

↓この記事内に書いてある事ですし、ぜひご協力をお願いします!
----------------------------------------
ご感想や体験などを〒530・8551(住所不要)読売新聞大阪本社社会部へ
お寄せください。
ファックスは06・6361・0733、メールはo-sensou@yomiuri.comです。
----------------------------------------


↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
by Lisa_cerise | 2010-08-14 12:20 | 日本への思い

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る