日本は、本当に末期なんです・・・。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


『外国人参政権』廃案を知ってほっとするのは、日本人なら当然ですよね!
私は、↓この事実を知った時、もう、大喜びしました!!
外国人参政権についての山谷えり子参議院議員質問趣意書答文本文です。

首相と全閣僚が署名した閣議決定の意味は重いのです。
ですが、この閣議決定をも無視するかのような発言の数々を思うと、
やはり何でもアリの党なだけに相当不安です。
菅首相「民主党は前から(外国人参政権の)実現に拘わってきた。
     その姿勢に変化はない」
千葉法相「マニフェストに載っていない、あるいはテーマになっていないことが
     特段問題になることはない」
こんな事を言っていますしね。
重国籍等の心配な闇法案は沢山あるし、まだまだ油断してはいけない、と思い直しました。
あれだけ主張していた『外国人参政権』をあっさりと廃案にするなんて、
裏に何かないかと心配で心配で・・・。
やはりとても気がかりなのは、9月にある、民主党の任期満了による党代表選挙です。

民主党の決定権 = 総理大臣 > 党の代表 OR 党の幹事長

これは、共産主義国家の流れ、党主席が国家主席という構図と同じですよね。
ミンス党は、総理より党代表が権力を握っているわけで、最近の例では、
総理が面会を望んでも釣りを楽しむO氏に会えない、という状況からしてもわかりますよね。

民主党の代表選挙について、嫌々ながら検索してみました。(心底、嫌いなもので・・・)
民主党の投票資格について。
党員とは?
○民主党の基本理念と政策に賛同する18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。
  ↑HP上で外国人でもOKと堂々と書いてあります!!!
○党員は、代表選挙で投票することができます。

サポーターとは?
○民主党を応援したい18歳以上の方なら、どなたでもなれます。
 (在外邦人または在日外国人の方でもOKです。
○会費は、年間2,000円です。
○サポーターも、代表選挙で投票することができます。

<党代表選挙>インターネット投票を実施も要注意です!
インターネットからでも投票って??(いいのか、それで?)

まさか。
サポーターに、
死亡した人が登録されていませんよね?
年会費は後援企業持ちという名義貸しなんてありませんよね?
知らないうちに登録されているなんてありませんよね?

外国人も投票できる選挙によって、日本の政治のトップが決まるのです。
民主党の党員かサポーターになれば選挙ができる。
かつ、ネットからも選挙ができる。
7月1日の中国人ビザ緩和と合わせて、特筆すべき項目です。

一応、5月末迄と書いてありますけど、あそこ、なんでもアリの党ですから。
特別に、とかありそう。
なんたって、やるやるサギの党ですから。
今回はどうなさるおつもりですか?

外国人でも党員資格があるのは民主党だけ。
なので、党首を選ぶ選挙権を外国人にも付与しているのは民主党だけ。
日本の行政、国政の最高決定機関は政権与党の党首だという現状を考え合わせると、
この党代表選挙は、外国人の意志によって選ぶ事が出来るという事です。

日本を思う保守の政治家の方々や、日本を思う方々が、
ネットでも大反対を訴えて来たというのに、
既に、外国人参政権は国政の場で付与されているのです!
民主党が政権与党である限り、この日本は外国人の思いのままという状態は続くのです。

この恐ろしさを一人でも多くの日本人に伝えて下さい。
党首選時に、外国人に大人気の人は当選するのです。 

そしてその人物が政権与党の意志決定をするのです。
既に国政の外国人参政権は、出来上がっているように思います。 

一人でも多くの日本人が目覚めて欲しいと祈る思いです。

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/11627127
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2010-07-26 23:25 | 日本への思い | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise