読売新聞の社説に、不信感が募る。

ランキングUPにポチッとご協力をお願いします♪⇒人気ブログランキングへ


読売新聞の社説(7月17日)を読んで、公平性が感じられず、内容に違和感を感じました。
http://www.yomiuri.co.jp/editorial/news/20100717-OYT1T00107.htm
本来、社説というものは、こういうものでしたか?
それとも、私がミンス党嫌いだからでしょうか?
宮崎県知事のブログ(7月17日)で、知事も取り上げていらっしゃいました。
http://ameblo.jp/higashi-blog/
知事は、「おそらく、九州版だけだろうが」と書いていらしゃいますが、
関西版にもしっかり掲載されております。そして、非常に怒り心頭でございます。
みなさまはどう思われますか?
ぜひ、両方を読んでみて下さい!!

真央ちゃんの事もやたらと叩く記事を掲載し、本当にムカツク事が多いけれど、
チェックのために、引き続き、読んでいます。(意地悪?と言いますか、私、ナニモノ?!)

しかし。それにしても、です。社説の一貫性欠いた宮崎県の対応って??

読売新聞の社説と宮崎県知事の発言。
どちらも読んでみて、本当に、日本はどうなってしまうのだろう?と悲しくなりました。
頑張っている日本人と、日本人以外の国のための党との戦い。

私は、宮崎県知事の涙や言葉に、宮崎県の人々の話に、
そして、薦田さんのがっかりした後姿に、本当に胸が詰まりました。
ですが、農相の涙には、呆れただけです。

何の対策もせずに外遊し、最後になったら権力を押しつける、
やはりミンス党は、こういう事をする党なのだ、とさらに確信した次第です。

日本人の思いを、努力を、ここまで踏みにじるミンス党。
この党の人達は絶対に信用なりません。

↓励みになります♪クリックをお願いいたします。
人気ブログランキングへ
[PR]
トラックバックURL : http://lisacerise.exblog.jp/tb/11567042
トラックバックする(会員専用) [ヘルプ]
※このブログはトラックバック承認制を適用しています。 ブログの持ち主が承認するまでトラックバックは表示されません。
by Lisa_cerise | 2010-07-18 01:25 | 気持ち | Trackback | Comments(0)

日本人の心を大切に          ・・・Lisa


by Lisa_cerise
プロフィールを見る